東京における薬剤師の求人では土日はどんな扱いか

薬剤師として働きたい人の中にも土日の勤務に対する考え方は色々あります。土日は必ず休めるようにしてプライベートを楽しみたい、土曜日だけなら働いても良い、あるいは土日だけ働けるところはないかと考えているなど、希望する働き方は異なっていて当然でしょう。

東京では土日の扱いについてどのような求人があるのでしょうか。

薬剤師としての仕事を選ぶポイントと、年収800万円以上の求人を見つける方法


働きたい職場の種類によって傾向が違う

東京における薬剤師の求人ではどのような職場を選ぶかによって土日の扱いに関する傾向が異なります。薬剤師が働く職場として人気があるのは調剤薬局や病院、ドラッグストアですが、さらに東京では製薬メーカーや薬品の卸業者などの一般企業でも薬剤師が活躍しています。

このような職場の種類によって業務内容が異なることから、土日に業務が必要になるかどうかが異なるのです。

企業なら土日は休みが原則

まず最も分かりやすいのが企業なので、企業からの求人における土日の扱いについて確認しておきましょう。東京の企業ではほとんどの場合に土日が完全に休みになっています。稀に月に一度は土曜日に出社が必要などといった形になっている場合もありますが、就業規則上は土日を休みにしているのが一般的です。

ただ、企業の種類や担当する業務によっては土日に休日出勤をする必要が生じることもあるので注意しましょう。例えば、卸業者が運送業者との兼ね合いで土日に荷物を受け取らなければならなかったり、顧客との関係で土日に発送を頼まれてしまったりしたときに出勤を求められることがあります。

製薬メーカーで臨床開発モニターになった場合に臨床試験のモニタリングに行くために土日に働く必要が生じるということもあるでしょう。このような事情は求人に書いてない場合もあるので面接のときなどに希望に沿った形で働かせてもらえるかどうかを確認してみるのが大切です。

病院では土日の勤務がしばしばある

病院の求人は東京にはかなりの数があり、医療の中心地区としての機能を果たしているのがわかるでしょう。土日も病院は動いているので薬剤師も土日に勤務が必要になるのが一般的です。ただ、土曜日は外来対応をしている病院でも日曜日は行っていないのが基本で、入院患者のための調剤を中心としたわずかな業務しかありません。

そのため、日曜日の出勤は頻度が低い病院がほとんどになっています。また、土曜日も外来受付が午前中のみという病院も多く、土曜日の勤務時間が短縮されているケースも見られるのが実態です。

求人にはこのような勤務の実態に関して詳しくは書かれていないことがほとんどです。

4週8休、週休2日制といった書き方がしてあるだけで土日は休みではないのだなと想像できる場合もあります。どのくらいの頻度で土日の勤務があるのかについては問い合わせて確認してみるのが良いでしょう。面接の段階で聞くという選択肢もありますが、早い段階で知っておくと準備の労力を削減できます。

病院の採用担当窓口に電話をかけて確認するのが簡単な方法です。

調剤薬局では日曜は休みが基本

東京の調剤薬局では土日の扱いは現場ごとに違いがあるものの、基本的には日曜日は休みになっています。大半の調剤薬局は病院かクリニックの門前薬局になっているため、その外来受付日に応じて営業しているのが普通だからです。

東京では土曜日は開いていて日曜日は外来を受け付けていない医療機関が多いことから、それに従って日曜日は休み、土曜日は外来受付時間の後、一時間か二時間程度の営業という形が一般的になっています。週休二日は確保されているのが普通ですが、土日は必ず休めるというところはあまり多くはありません。

ただ、ワークライフバランスが重視される世の中になった影響で、土日は完全に休みにしたいという人も増えてきました。その状況で薬剤師を十分に確保できるようにしようと考え、土日を完全に休みにする待遇で求人を出している調剤薬局もあります。

正社員よりは非常勤や派遣に多いパターンですが、東京では原則として土日は働かなくて良い現場もあるということは念頭に置いておきましょう。

ドラッグストアは土日も働くことが必要

ドラッグストアの求人については薬剤師は土日も働くことになるのが一般的です。これは調剤併設型かOTC専門型かによる違いもあまりなく、薬剤師が医薬品の在庫管理や医薬品に関する説明を担当することから営業日には一人はいるようにシフトを組んでいることが多くなっています。

ただ、薬剤師は資格がない人に比べると給与水準が高いことから、雇用側としてはできるだけ他の人に任せられる仕事を薬剤師に負担させたくないと考える傾向があります。そのため、OTC専門型の場合には土日の出勤をかなり減らしていることも多く、調剤併設型の場合には夕方以降は調剤を受け付けずに薬剤師も置かないというやり方をしているケースも少なくありません。

調剤薬局の求人と同様にワークライフバランスを重視して土日勤務を原則としてなしとするドラッグストアの求人も見受けられます。

ただ、大半の求人が非常勤や派遣だという点では調剤薬局の場合と違いはありません。また、どのくらい平日勤務の非常勤の薬剤師を雇えているかによって土日に働かなければならない頻度にもかなり違いがあります。土日出勤が当然になっている現場もあることから、正社員になる場合には応募の段階で土日の勤務状況について確認しておくのが無難です。

土日だけ働くことは可能か

平日は家庭のことで忙しいなどといった理由で働くのは難しいけれど、土日だけなら働けるという薬剤師もいるでしょう。東京では土日だけ働くという選択肢はあるのかというと、正社員では難しくても非常勤や契約社員、派遣であれば可能性があります。

土日に人材を確保して正社員の土日出勤をできるだけ減らそうという動きがあるからです。企業ではあまりこのような形の採用活動は行われていませんが、病院、調剤薬局、ドラッグストアではしばしば見かけられる求人なので探してみましょう。

土日の扱いについて希望を考えよう

土日の扱いについては仕事を探すときに重要と考える人も多いポイントです。東京における薬剤師の求人では職場の種類によって傾向が異なるので、土日に働きたいかどうかと業務内容の兼ね合いを考えて求人を探すようにしましょう。

土日に働くかどうかを最も重要視して求人を選ぶのも考え方の一つなので、希望を決めておくのが大切です。

Posted on